月経に伴うトラブルとは

頭痛

女性の身体は女性ホルモンの影響を、強く受けています。その変動によって、心身に様々な変化があります。月経前症候群であるPMSも、その一つです。症状は様々で頭痛・腹痛・イライラ感・眠りが浅いなどがあり、精神症状が強い場合には精神科や心療内科も、受診の選択肢の一つとなります。

女性特有の症状

生理前の現象

悩み

PMSという言葉をご存知でしょうか。PMSとは、女性にしかない特有の症状のことを言います。主にどのような症状であり、いつ症状が出るのか説明したいと思います。まず、PMSとは日本語で、月経前症候群のことを言います。この症状は生理が始まるおよそ二週間前から始まります。症状は人によって様々で個人差はあるのですが、体の不調に関しては、およそ200種類あると言われています。その中でも、身体的な不調は、ニキビが出たり、便秘になったり、腰痛、頭痛、浮腫み、のぼせ、疲労などの症状があります。精神的な症状については、情緒不安定になったり、イライラしたり、鬱や涙もろくなったりといった症状がでてきます。また、PMSは年齢によって症状の出方も変わってくるため注意が必要であります。20代の頃は、身体の不調が主に症状として現れるのですが、30代を過ぎたあとから身体の症状と精神的な症状が合併して起こる場合が多いのです。それから、女性は出産を経験すると、更に症状が増してしまう傾向にあるのです。では、私たちは、PMSとどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

対策と対応

PMSは、年齢によって大きく症状に変化が現れる。ということを説明しましたが、PMSに一番関係してくるのは、やはりストレスと生活習慣であります。この2つを上手にコントロールできればPMSとも上手に向き合っていけると思います。その方法として大切なことは、食事です。栄養バランスの取れた食事をしっかりと3食食べることが大切です。また、カフェインなどが多く含まれているコーヒーやアルコールは浮腫みの原因になってしまうためなるべく取らないようにすることが必要であります。それから、睡眠時間をしっかりと取ることも大切です。特に、夜の10時から夜中2時まではホルモンの分泌が盛んに行われる時間帯とも言われています。ですので、この時間に睡眠を取れなかったとしても、なるべく意識をして取るように心がけると良いでしょう。また、休みの日などは、軽い運動をすることも良いと言われています。一日に20分から30分程度のウォーキングなどを行うことによりストレス解消にも繋がると言われています。これらのことを行っても改善されない時は、病院を受診して、漢方薬やピルなどを出してもらうのも良いかもしれません。産婦人科や心療内科などPMSの診察を行ってくれる医療機関は多数存在しているので、症状の改善が見られないと判断した時点で速やかに受診すると良いでしょう。

生理前の症状

悩み

以上、PMSの症状とうまく付き合っていく方法を説明しました。PMSの悩みを抱えている方も多いでしょう。症状は生活習慣の見直しで軽減されます。これからも、長く続く生理を嫌だと思わずに前向きに楽しんで生活をしましょう。

辛い時期を楽に過ごす

女性

PMSは、精神的な不安定さから人間関係に多くな影響を与えることがあります。特に彼氏との付き合い方は大切で、症状が重い時には出来るだけ会わないようにするのが得策です。症状を軽減させるには低用量ピルが効果的で、その他にも漢方薬やサプリメント、アロマテラピーなどの方法も有効です。

不調があれば病院へ

女性

PMSとは、月経前に起こる体調不良のことです。体調だけではなくて、精神的にもイライラしてしまう、といった症状もPMSのひとつです。様々な症状があるので、まずは病院へ行ってきちんと診断してもらうことが大切です。

多くの女性の悩み

頭痛

PMSは月経前症候群とも呼ばれており、生理前に様々な症状を起こすものです。女性の多くが体験している症状ですが、場合によっては、異なる病気である可能性もあります。気になることがあれば、早めに病院を受診することが重要です。