不調があれば病院へ

いろいろな症状があります

女性

PMSという言葉を聞くことが最近多くなったという方もいるかもしれないです。それくらいPMSという言葉はテレビなどでも取り上げられていることがありますし、インターネットでもよくPMSに関する記事が掲載されていることがあります。PMSとは、月経前に起こる体の不調のことを言います。月経前には、なんだかイライラしてしまう、月経前なのに腹痛がしたり、肩こりなどもひどくなる、頭痛も起こりやすくなりなんとなく落ち込みがちになる、というのが症状です。もちろん、その他にもいろいろな症状が出ることがあるので、診断をするのは少し難しいのですが、インターネットでPMSについて調べてみると、質問にイエスやノーで応えていって、簡単な診断ができるページもあるので、そのようなサイトを利用してみるのもオススメです。ですが、もちろんそれだけでははっきりとわからないので、どうしても症状が辛い、と言う方はすぐに病院へ行くことが大切です。その際は、どんな症状なのかをきちんと伝えられるようにしておくことが大事です。

生活習慣を見直す

どうしてPMSになるのかと言うと、ホルモンバランスが影響してくるのですが、PMSだと病院で診断されたとしても、薬を飲むことで改善できる病気ですので怖がらないで、体に異変を感じた際は病院へ行くべきです。どうしても、月経前はぼーっとしてしまう、と言った方でもPMSの可能性がありますしとにかく月経前はいつもと少し体調が違ってしまう、という方は要注意です。ですが、PMSは普段の生活習慣を見直すことでもましになることがあります。なので、今まで不規則な生活をしていたな、と感じる方はまず、日々の生活を見直してみるといいです。ストレスをよく感じるようであれば、それは体にいい影響は絶対に与えないので、まずはストレスをうまく発散すること、そしてなるべくストレスの感じない環境に変えることができるのであれば変えること、あとは食生活も大切です。少しずつ見直しつつ、処方された薬をきちんと飲んでいれば、症状はきっと軽くなります。なので、慌てずゆっくりと治していくことが大切です。