生理前の症状

悩み

PMSとは月経前症候群の略です。一般的な期間は、生理が始まる2週間程前から生理が始まるまで続きます。PMSの症状は人に大きく分けて2つあり、精神的なものと身体的なものに分かれています。まず、精神的なものにはイライラ、憂鬱、怒りっぽいなどの気分が落ち込みやすい症状が多いです。身体的なものには体のだるさや頭痛などがあげられます。この期間に体重が増えやすい方もいるでしょう。それもPMSの症状の1つです。では、なぜPMSが起きるのでしょうか。排卵から生理前に分泌されるホルモンの影響と言われています。それにより、ホルモンバランスが乱れ精神的、身体的にも不安定になるのです。PMSは20〜40代の方に多く、症状の辛さも人によって違います。ひどい人は仕事などの日常生活に支障が出る時もあります。ほとんどの女性にはPMSの症状はあるかと思います。しかし、毎回我慢できない痛みや辛さがある場合は他の病気の疑いもあります。その場合は診察に行き、医師に相談しましょう。

ホルモンバランスからくるPMSですが、毎月続くものなので、うまく付き合っていきたいものです。 PMSの症状を和らげるためには、ホルモンバランスを整える生活を目指しましょう。まずは、規則正しい生活です。できる限りバランスのとれた食事をしましょう。タバコやコーヒー、飲酒などの嗜好品はPMSの症状をひどくする場合があるのでこの時期は控えめにしましょう。運動も効果的です。有酸素運動をすると、気分もすっきりしますので挑戦してみてはいかがでしょう。ヨガやストレッチ程度でも良いです。ストレス解消も大切です。日頃からストレスを抱えている方や、几帳面で真面目な性格の方はPMSの症状がより強くなります。ストレスを溜めすぎないようにしましょう。PMSの時期は手帳などにつけておくと便利です。PMSになる日が分かるので、早めに食事に気をつけたり、リラックスしたりと体調管理ができるからです。時期だけではなく、その時の症状や対処法も記録しておくと、今後の参考にもなり活用できるようになります。