辛い時期を楽に過ごす

彼氏と良い関係を築くには

女性

PMSは、排卵期後に訪れる黄体ホルモンの分泌時期に現れる症状です。この黄体ホルモンの分泌量が増えると、イライラが増したり、憂鬱になりやすく、女性にとってとても辛い時期です。この時期の症状によって、普段思っていたくても体調の悪さから人にきつくあったってしまい、人間関係が上手くいかなくなったという人も多いのではないでしょうか。女性同士なら、その症状の辛さが分かるのでいい人間関係が維持しやすいのですが、彼氏などの男性となるとこの症状の辛さが分からず、ケンカになってしまうという人が多くいます。このように、彼氏とケンカしたくないという人の注意点としては出来るだけ会わないということです。辛い症状の時に無理して会ってしまうと、どうしてもケンカしてしまいます。会わないことで気持ちが離れてしまうのではないかという心配をする人もいるかもしれませんが、無理して会ってケンカになってしまえばさらに悪い状況になります。正直に体調が悪いことを伝えて、会うことや連絡を控えることによりいつまでも良好な関係が続きます。

症状を少しでも軽減させる

自分でケアする方法に、低用量ピルや漢方薬、サプリメントやアロマテラピーなどを利用する方法があります。これらの方法には症状を軽減させる効果が期待でき、我慢するよりも精神的にも人間関係にも良い効果が得られます。最も効果的と考えられるのが低用量ピルを利用する方法です。体質によって効果が得られにくい人もいるようですが、効果が得られる人にとっては、この時期には特に欠かせない薬となっています。この低用量ピルは病院で処方してもらえます。PMSの症状が辛いという人はぜひ試してもらいたい薬です。低用量ピルでは副作用などもあり、副作用が心配という人は漢方薬やサプリメント、アロマテラピーなどもおすすめの方法です。即効性は期待できませんが、PMSの症状の改善が期待できる方法です。このPMSは、生理がくれば症状がなくなる人がほとんどなのですが、生理がきても症状が改善されないという人もいます。このような時には、自分でケアをしようとするのではなく、病院に行って適切な治療を受けることが大切です。無理をせずに専門病院で診察を受けることにより症状が軽くなり、楽しい時間が過ごせるようになります。